本文へ移動

堺市試験の特徴

・採用動向
採用数が減り難関となっている
・1次試験
一般教養・教職教養 集団討論 個人面接
・2次試験
教科専門 個人面接 実技
 
堺市の試験の特徴は、1次試験筆記試験と1次試験の面接の点数も最終的に換算する総得点に影響することです。ですので筆記試験は、一般・教職・教科専門の点数が取れれば取れるほど、有利にはたらきます。
 
・一般教養・教職教養(一般選考 受験者)
2020年度は教職教養が解きやすかった。一般教養は数的処理・表計算・グラフ読み取りが増え、数的処理力が点数に直結。
 
・小学校専科
傾向が大きく変わる。特に社会、英語が解きやすい問題になった。
 
・集団討論・個人面接
堺市の面接は、創意工夫がみられるのが特徴。1次試験の個人面接では、人権についての意識が問われる。集団討論も過去には、1枚の絵あるいは写真を見て感じたことを討論させたり、画用紙に言葉を書かせて討論する等、個性的である。2次試験も自己紹介、場面指導、個性的な質問でバラエティーに富んでいる。

新教舎 大阪パーフェクト講座

新教舎の大阪パーフェクト講座は、堺市においては一般受験者向けとなっています。1次筆記試験をいかに効率よく学習していくか、面接で高得点を狙う、が目標です。教職教養は講座ごとに課題プリントを作成しています。大阪の教職教養は暗記だけでは対応できませんので、自学自習では中々、気づきにくい内容を学習していくことで、本番は14点あるいは満点も可能です。一般教養は毎時間テーマがあります。GWには8時間×2日の集中講義を実施、過去出題分の問題をいっきに仕上げます。また、講義の始まり1時間前から質問タイムがあり直接指導も受けることができます。面接対策を希望される方は、Fコースが面接特化コースとなっています。小学校専科の対策として、「平日筆記試験対策 Zコース」があります。このコースは、理数英を基本から勉強し、最終的に本試験の問題を解けることを目標にしたコースです
新教舎
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-5-18
新大阪エイトビル202
TEL.06-6303-5700
FAX.06-6303-5707
●教員採用試験対策
●学校管理職選考試験対策

 
TOPへ戻る