本文へ移動

大阪市試験の特徴

 
 
2021年度
・採用動向
小学校は採用減。中高は校種によっては難関
・1次試験
一般教養・教職教養 個人面接
・2次試験
教科専門 個人面接、場面指導(ロープレ)、実技  
 
大阪市の試験の特徴は、最終試験が筆記試験(+実技指導)の点数の高得点順から合格することが大きな特徴です。(幼小養護等は少し条件が変わりますが基本、筆記で点数を取れば合格)。ただ、面接は基準点があるのでそこは要注意。大阪市で講師をしていると初年度から1次試験の筆記試験が免除となるため、圧倒的に大阪市の講師が有利(大阪市講師は面接の点数が倍になる)1次試験の一般選考受験者は、一般教養が筆記試験の倍の配点なので、ここで点数をとれないと、大阪市の講師受験者に勝てない。    
 
・一般教養・教職教養(一般選考 受験者)
2021年度は例年出題されている「人権教育・啓発に関する基本計画」「生徒指導提要」の出題がなかったが出題の傾向は大きく変わっていない。「総則」の穴埋め、法規の出典を問う問題はしっかりとインプットしていないと正答を導き出せない。2020年度と比較して少し難易度が上がった。一般教養は英語の出題が昨年の3問から2問に減る。受験生が苦手とする空間図形が平面図形の計算になったこと、英語、国語の難易度が下がったことで、数的処理・表計算・グラフ読み取り、数的処理力に時間を費やすことができたはず。昨年度と比べると平均点は上がったであろう。
・小学校専科
難易度が上がる。理数英でどれだけ点数が取れるか。
・3次試験個人面接
大阪市の2次試験個人面接は、ロープレの出来が点数に大きく影響する。
新教舎
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-5-18
新大阪エイトビル2F
TEL.06-6303-5700
FAX.06-6303-5707
●教員採用試験対策
●学校管理職選考試験対策

 
TOPへ戻る