本文へ移動
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 

トップページ

臼井塾長 教員採用試験blog

なぜ合格を勝ち取れないか 奈良県の教員採用試験

2018-09-26
今回は奈良県の教員採用試験について。奈良県の1次試験は、一般受験、一部免除受験
 
と大きく二通りの受験パターンがあります。一般受験は教職教養、専門教養、集団面接が
 
課されますが、主に専門教養の出来が合否に大きな影響を与えます。教職教養は難易度が
 
高く大きな差が出にくく、集団面接は基準点クリアが目標です。一部免除者は専門教養のみ
 
です。1次試験の難易度は、それほど高くはなく、難関は2次試験です。2次試験の個人面接、
 
集団討論、とりわけ個人面接の出来が合否に影響を与えます。個人面接の中では模擬授
 
業、場面指導(ロープレ型)、場面対応(こうした場合、どうしますか?的な質問)等、様々で
 
す。ロープレ型の場面指導の出来がポイントです。面接官は、高圧的ではないのですが
 
笑顔は少なく、圧迫感を感じるとの報告が多数。緊張感を持った共感的でない面接演習
 
を踏む必要があります。
 
 
新教舎
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-5-18
新大阪エイトビル202
TEL.06-6303-5700
FAX.06-6303-5707
●教員採用試験対策
●学校管理職選考試験対策

 
TOPへ戻る