教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 

臼井塾長blog

大阪府教員採用試験 チャレンジテストから

2018-01-11
昨日のチャレンジテストの問題から、今年の本試験の予想がある程度予想できます。
 
予想(あくまで予想です)
・おそらく30問 教職15問 一般15問
・学習指導要領は新学習指導要領の内容を中心に出題。とくに前文、総則
・特別支援、人権は幅広く出題
・一般教養の難易度は昨年並み。
 
対策
・まずは教職教養を落とさないぐらいの学習
・一般教養は、時間を図って問題を数多く解く
・SPIの問題を解く
・英語をなんとか得点源に(準2級以上はいる)
・国語は落とせない。活字を読む習慣。
 
今年のチャレンジテストでは、受験された方の多くの感想として、時間内に解く難しさ
 
を実感されたと思います。一般教養を平均1問5分で解いたとしても75分!!費やします。
(問題によっては、相当に時間を費やすものもあります)
 
90分どれだけ集中できるかがポイントになります。
 
一般教養では、読ませる問題が数多くありました。読んで必要な情報を整理して、
 
論理的に解答を導き出す、これは対策というよりは訓練と言えるかもしれません。
 
本試験では
・教職教養は20分以内で解く。教職教養はそれぐらいの勉強が必要
・一般教養に時間をどれだけ残すことができるか。
・落ち着けば、解ける問題の見極め
・設題が長いので、辛抱して読めるような根気
・諦めない。
・90分の集中力!!
 
今回のチャレンジテストでも、家で冷静に解いて見れば意外と解けた、という問題も
 
いくつかあったのではないでしょうか?
 
本試験まで時間はまだあります。一つ一つ克服していきましょうね!!
 
新教舎
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-5-18
新大阪エイトビル202
TEL.06-6303-5700
FAX.06-6303-5707
●教員採用試験対策
●学校管理職選考試験対策