本文へ移動
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 
教員採用試験対策
・筆記試験対策
・面接試験対策
 

トップページ

臼井塾長 教員採用試験blog

話すときのこつ 1

2018-12-12
学校の先生は人前で話すことが仕事ですので話慣れている方は多いと思いますがしかし、それが相手に伝わっているか?と言えばどうでしょうか。授業でもそうですが、何か指示を出したのにもかかわらず、「先生、これどうするんですか」と尋ねられて、愕然となった経験がある人も多いのではないでしょうか?私自身も講義において、事前にしっかり準備し、力説したのにもかかわらず、何も伝わっていなかったという経験があり、「伝える」ことの難しさを実感することも多いです。書店に行けば、話術、伝えること、プレゼン等数多く、本だなに並んでいますが、それだけ「話すこと」に苦手を感じている人が多いのかしれません。さて、話すときのこつは何か? 私が実践していることを簡単にお話しします。

まず当たり前なのですが、一体全体自分は何を伝えたいのか?を考えます。「伝えたいことは

何か」を1つしっかりと考えるのですけど、そこには何故それを伝えたいのか、伝えなければ

いけないのか、とう目的意識をしっかりと持たなければなりません。それがなければ、なかな

か気持ちや熱が入らないわけで、聞く側になかなか伝わりません。例えてみれば「好きで

す!!」と告白しても、好きという強い思いがなければ相手に伝わらないよ、ということです。

つまり、伝える前に、伝えたい思いは何かをしっかりと考えるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新教舎
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-5-18
新大阪エイトビル202
TEL.06-6303-5700
FAX.06-6303-5707
●教員採用試験対策
●学校管理職選考試験対策

 
TOPへ戻る